onedrivedのセットアップ

要求

LinuxでOneDrive使いたい。既存の実装は複数あるが、有名なものとしてはonedrivedがある。 こいつがリンク切れしてるとかいう人もいるけど、ちゃんと生きているし、インタラクティブな設定の出来も非常に良いので利用する

前提条件

  • gcc
  • python3-dev
  • libssl-dev
  • inotify-tools
  • python3-dbus / libdbus-glib1-dev

手順

  1. $ sudo apt install build-essential python3-dev libssl-dev inotify-tools python3-dbus libdbus-glib-1-dev まずこれを実行して前提条件を満たす
  2. $ pip3 install --user git+https://github.com/xybu/onedrived-dev.git 作者のGithubからもらってくる
  3. $ pip3 install keyrings.alt このまま利用すると、アカウント追加時に以下のようなキーリングに関する警告が出てコケるので、keyrings.altパッケージを入れて対処しておく Failed to save account: No recommended backend was available. Install the keyrings.alt package if you want to use the non-recommended backends. See README.rst for details..
  4. $ which ngrok デフォルトでngrokに依存しているので、公式へ貰いに行った後、 PATHを通すか起動時に$NGROKにngrok本体までのパスを渡すこと ngrokに関しては参考URLで
  5. $ onedrived-pref account add ここで出たアドレスに飛んで、出たアドレスを貼るとログイン完了 Successfully added account for XXXXXXX(XXX@XXXX.jp)! こんなのが出る
  6. $ onedrived-pref drive set アカウントに対応するフォルダをインタラクティブに設定
  7. $ onedrived start 直後、$ onedrived status見て死んでるようなら--debugとか付けて監視 大体ngrokとかpyenv系の問題でコケるのでセットアップ環境には注意

Todo

必要な環境変数とかpyenvとsystemdとかをうまい具合にして自動的に立ち上げる。

参考URL